【人生100年時代の海外移住~タイで暮らす~】タイバンコクの色々と、平和な日常生活。

人生100年時代、日本を出て海外で暮らすという選択は、そう難しいことではありません。 これからの人生が、日本で過ごす以上に豊かで実りある毎日に変わるかもしれません。 シニア期を迎えてから、海外移住を選択する人も増えています。 私自身がタイに移住して経験したことをお届けすることで、皆様の海外移住やタイへの旅行などの参考になれば幸いです。
2020/10/05
目次

先日、来タイ1年9ヶ月を迎えた私と息子さん。

 

日に日に、ローカル染みてきている気がします。

 

最近はたまに、学校に行く途中に朝ごはんを買っていくように。

 

息子さんの大好きなムーピン(豚のつくね焼き的な)ともち米。

 

買って行って教室で食べてから朝礼に並ぶんだけど、ほぼ毎日遅刻してて学校に着くとすでに朝礼始まってるっていうww

 

もちろん大半の生徒はきちんと時間までに登校してるんだけど、そうでない子も多く、そして誰も急いでないし駆け込んだりもしない訳で。

 

校門の前、送ってもらったバイクの上でごはん食べてる子やバイクのシートで宿題やってる子とかいて、遅刻って何だろう?とか思ってしまうのです。w

 

こうやって育つのだから、時間を守らない大人になっても仕方ないよなぁ、と妙に納得までしてしまったりww

 

学校の登下校時間は、学校の前にズラリと屋台が並ぶ。

 

ジュース屋さん、クレープ屋さん、アイス屋さん、ルクチン(つみれ)屋さんに串焼き屋さん等々、盛り沢山。

 

買い食いは当たり前。

 

今となっては見慣れた光景だけど、これも日本育ちの私的にはカルチャーショックだったな。

 

今年はバレンタインもタイ仕様。

 

タイは男性が女性にバラの花束やお菓子を贈るそうだけど、学校では「ハートのシールを友達同士で制服などに貼り合う」イベントらしい。

 

せっかくなので私も前日にシールを買い、息子さんに持たせてみた。

 

お迎えに行くとチラホラ小さな花束を持った女の子なんかもいて、うふふふとか思いながら通りすぎた。

 

教室にたどり着くといつもよりだいぶ和やかな雰囲気(特に先生がw)の中みんなで宿題をしていた。

息子さんもこんな顔に。(きゃわわ♡)

床に寝そべって子供たちのノートチェックをする先生のほっぺたとおでこにもハートのシールが貼られていて、先生も一緒に楽しむとこがいいですよね~って感心した。笑

 

ちなみにバオさんはバレンタインのある週は出張でいなくて、まぁいても多分バレンタインなんてイベントに乗っかるタイプではないだろうけど、つまり私は何も貰ってません。

 

バレンタインだからという訳ではなく、ちょっとバラの花束に憧れてるんだけど、その辺に売ってる花束は全部造花だしあんまり惹かれないので生きてるうちに一度くらい生花の花束を貰ってみたいです。

 

ちょうどドーナツが食べたかったので、息子さんやgirlちゃんたちと作ってみた。

 

1日遅れだったけど、バレンタインてことでハートのドーナツ。

小分けして、ピンクのカードを添えて、日本式に出張から戻ったバオにも渡したら、見事にカードには気づかずドーナツだけ食べたので、何も言わずにジャケットの胸ポケットに入れといたら次の日に「なんで自分で渡さないの~」と言っていた。

 

いつもありがとうとか、ずっと一緒にいようねってタイ語で書いたんだけど、ハニーはかわいいってニヤニヤしていたのであげて良かったな^^

 

寒いよ~って凍えてたと思ったら2月に入り一気に暑くなって、午後とかけっこうしんどいタイ。

 

寒いと寒いって文句言うし、暑いと暑い暑い言うし、人間はワガママです。

 

でもやっぱり寒いよりは暑い方が好き。

 

自転車乗ったり、

 

夜遊びしたり。

 

女子高生に囲まれたり、

ゆるゆると日々を楽しんでおります。

 

先月末にバオが働いてたお店を突然辞めていとこのお店で働き出し、更にバンコクの方へ働きに行くと言い出して、でも全然話も進まないし、今住んでるターボの少し先にあるお母さんの土地に家を建てるとかも言っていて。

 

ちっちゃい家でもいい?とか言うところがちょっとかわいいとか思ってしまうんだけど、結局何も決まらないまま時だけが過ぎてゆくのだけど別にまぁいっかとか思えてくるからタイすごい。(私がかな?w)

 

どこに流れ着くのやら。

 

家建てるんならチョンブリ(バンコク近郊の港町)行かないの?って聞くと行くよ。って言うし、行くの?みたいな。

 

もし行くとなるとターボともお別れになっちゃうしそれも淋しいわぁとか思って最近ターボの写真を撮ってみたりしてるんだけど、見事に食べ物屋や屋台の写真ばかりになってしまって、私の生活って。。

 

と胸に込み上げるものがありました。

【POD】ゼロからスタート! タイ移住サバーイマニュアル [ 桐越舞子 ]

価格:1,210円
(2019/12/27 01:18時点)
感想(1件)