【人生100年時代の海外移住~タイで暮らす~】バンコクの秋葉原「フォーチューンタウン」でiphoneを修理

人生100年時代、日本を出て海外で暮らすという選択は、そう難しいことではありません。 これからの人生が、日本で過ごす以上に豊かで実りある毎日に変わるかもしれません。 シニア期を迎えてから、海外移住を選択する人も増えています。 私自身がタイに移住して経験したことをお届けすることで、皆様の海外移住やタイへの旅行などの参考になれば幸いです。
2020/01/07

バンコクの秋葉原~フォーチューンタウン~

だいぶ前から放送終了後のテレビみたいになってしまったiphoneの修理に、やっと行ってきました。

 

f:id:kenchuke0415:20161128175233g:plain

イメージ:放送終了後のテレビ

 

正確には以前にも一度買い物ついでに修理をしようと行ってるのだけど、子連れで体力の限界だったとこに「2時間待ち」と言われ、かと言って他の店舗で見積もりしてもらって比べたりする気力もなく退散してきたので、今回は二度目の挑戦です。

 

バンコクの三大秋葉原といえば、MBKセンター、パンティップ・プラザ、そしてフォーチューンタウン!

 

と勝手に思っているのですが、ちがったらごめんなさい。

 

しかもMBKもパンティップ・プラザも行ったことありませんw

 

タイベテランの知人に修理ならフォーチューンタウンがいいのではとアドバイスされたのもあり、中心地が苦手なのもあり(これがでかいかも)、私は毎度フォーチューンタウンを利用しております。

 

今使ってるタブレットもここで買いました。

 

BTSから地下鉄に乗り換えラマ9世駅まで、我が家的にはちょっと遠出。

フォーチューンタウンのローカル感が良い感じ

地下鉄ラマ9世駅の1番出口を出るとすぐにフォーチューンタウンがあります。

 

シーコンスクエア然り、私は本当にローカルじみたショッピングモールが落ち着くので、 フォーチューンタウンもけっこう好きなんです。

 

休みの日でもたいして混んでないし、ヤル気のなさそうな雰囲気がたまらない。

とは言え腐ってもショッピングモールなのでひととおりお店は揃っています。

 

ロータスも入ってるし、レストランもフードコートもあってそこそこ充実しています。

「修理」はソームซ่อม

ซ่อมと書いてたら修理屋さんです。タイは靴の修理屋さんとか、服の修理屋さんとかも街で見かけます。

 

この間はじめて靴の修理屋さんを利用しましたがベルトの抜けてしまったサンダルが50バーツ(150円くらい)で直りました。

 

便利!

まずは見積もり

前回の敗因はごはんを食べて買い物を済ませてから修理屋さんに持って行ってしまったことなので(気づけ)、

今回は着いてすぐに修理屋さんへ。

 

2~5階にケータイ屋さん、パソコン屋さん、カメラ屋さん、周辺機器屋さん、そして修理屋さんがたくさん入っています。

 

まずは2階の一番手前の修理屋さんへ。

 

いくらで直るか聞いたら「このモデルの正規品との交換だと3,000バーツ(9,000円くらい)。

 

違うのでいいなら2,000(6,000円くらい)だけど、3,000の方がいいよ。」と言われました。

 

とりあえず数件見積もりしてもらうつもりだったので、その先の修理屋さんへ。

 

今度は「2,000バーツ。」と言われました。

 

この時点で前のお店よりだいぶ好感度アップ。

 

「他のお店で聞いてもだいたい同じ値段かなぁ。」と言ったら、

「1,900でいいよ。」と言うので、お店を何軒も回って見積もりしてもらうのも面倒になり二軒目でお願いすることに。

 

 

30分後にはできるよと、これまた嬉しい待ち時間。

 

前回一軒だけ聞いた時には「2,500バーツで2時間」だったので、見積もりはけっこう大事なんだろうな。

 

あっちでいくらだったよとか言うと値下がるらしいので、交渉も大事なようです。

待ち時間でごはん&お買い物

前回の反省を活かし、今回は待ち時間を利用してごはん。

 

ちょうど前日になくてはならないトイレの手動ウォシュレットシャワーがお亡くなりになっていたので、ロータスでこちらを購入しつつ。

 

Office mateで欲しかったデスク用の小物置きとか、ニューイヤーカードもゲットできてご満悦。

 

危険ゾーン(ゲームソフトとかを売っているお店)に捕まり、欲しかったPetsのDVDを見つけてしまいいつもの倍額(80バーツだけどw)で買ったりなどして。

 

地下鉄からフォーチューンタウンに入るとすぐにお寿司屋さんがあるのですが、それを見た1が「Sushiが食べたい。Sushi!!」「え~」「SUSHI!!SUSHI!!」と、とても日本人とは思えない発音でお寿司をねだるのが面白かったので、産地を聞いてからお寿司屋さんに入りました。

 

お魚はノルウェー、米はわからないと言われたのでちょっと微妙な気持ちでしたが。

息子さん1がいくらにハマッていました。

 

なにが一番好き?と聞いたら「あのね、あのー Ball!!」と言っていました。

 

何度も教えたのに、日本語はなかなか覚えられないのだろうか…

(英語でなんていうのかわかんなかった)

 

微妙な気持ちながらも久々のお寿司おいしかった~

無事受け取って完了~

失礼ながらもちゃんと直るのかな~と思ってましたが、ちゃんと直りました!

 

よかったー

 

ガラスパネル(タッチパネル?)の交換で1,900バーツ(5,700円くらい)ならお得なのではないでしょーか。

 

そんなことないの?よくわからない。そしてちゃんと保障つきです。

 

保証期間は一週間。

 

その間に問題があれば無償で修理してくれるとのことです。

 

もちろんレシートも保証書もないので、お兄さんがちゃんと私の顔と来た日を覚えててくれるんでしょうね。笑

 

ていうかタイの電化製品の保証書って基本買った日の日付が入ってないし、レシートないのに交換してくれたり修理してくれたりするけど、未だにどういうシステムなのかよくわかりません。

 

聞いた話では、MBKとかでも端末修理の値段はほとんど一緒らしいです。

 

ランキング 週間 月間