【人生100年時代の海外移住~タイで暮らす~】ラップラオのイミグレーションで90日レポート

人生100年時代、日本を出て海外で暮らすという選択は、そう難しいことではありません。 これからの人生が、日本で過ごす以上に豊かで実りある毎日に変わるかもしれません。 シニア期を迎えてから、海外移住を選択する人も増えています。 私自身がタイに移住して経験したことをお届けすることで、皆様の海外移住やタイへの旅行などの参考になれば幸いです。 バンコクのイミグレーションといえばラップラオ。欠かすことのできない90日レポートについてご紹介します。
2020/07/27

長らくタイに住む場合必須のこの90日レポート、「私外国人!ビザあります!あと今ここに住んでます!よろしくお願いします!」と、住ませてくれてるタイ王国に報告するというものですね。(適当)

 

おすすめはもちろんオンライン申請!なのですが、

思い出した時にはオンライン申請できる最終日。

 

慌ててサイトを開くと、お正月もだいぶ過ぎていたというのにwebサイトがお休み中でした。

 

出たよ…

 

くっそーと思い、郵送手続きの仕方をぐぐったらこちらも時すでにお寿司。

 

なので諦めて超めんどくさいけど、超めんどくさいけど今回はイミグレに出向いて90日レポートすることに。超めんどくさいけど行ってきました。

ラップラオのイミグレーション

バンコクのイミグレと言えばチェーンワッタナ。

 

ですよね。

 

バンコクにはもう一か所イミグレがあると聞いたことはあったけど、全業務をチェーンワッタナに移行したという話も聞いていたので、チェーンワッタナ一択なんだと思ってたんですが、ラップラオにあるイミグレでも90日レポートだけはできることが発覚。

 

噂を適当に聞いてたらダメですね。

 

正直そんなに近いとも思わなかったけど、チェーンワッタナよりましかな~ あと空いてそうだし。よし行ってみよう!

 

とこの度初めて行ってみました。

用意したもの

なにせ窓口での90日レポートをまともに自分でやったことのない私。

 

ネットで必要書類を調べて以下のものを用意しました。

 

  • 申請用紙(TM47) →ダウンロードはこちら
  • パスポートのコピー(顔写真、ビザ、最新の入国スタンプのページ、イミグレーションカード)※全てのページにサイン
  • パスポート原本

 

息子さん1のとふたり分、しかもパスポートのサインは私が代筆しているためちょとめんどくさい…

 

 

けど向こうでやるより揃えて行った方が絶対楽なので完璧にして行きましたよ。

 

まぁたいした書類ないので楽勝です。

ラップラオのイミグレーションへの行き方

イミグレーションはラップラオ駅から少し先にある、インペリアルワールド・ラップラオというショッピングモールの5階に入っています。

地下鉄ラップラオ駅からタクシーで60-70バーツです。

 

じぶんちの最寄りバス停からバスで行けないかな~と思ったけど、調べが足りなかったのかわからなかったので今回は地下鉄&タクシーの初心者コースで。

MRT(地下鉄)窓口で「インペリアルワールドに行きたい」と伝えると3番出口だと教えてくれたので3番出口へ。

 

この「インペリアルワールド」という単語のタイ語英語(タイ語風の英語)が難しいなぁと思いながら中途半端な発音で言ったらまー通じない。職員さんから綺麗な英語の発音で返ってきて無駄に赤面したりしました。

 

出たところからタクシーを拾いましたが、インペリアルワールドまでは一本道だしバスもたくさん走ってたので多分バスでも行けます。

 

探すの面倒でタクシー乗っちゃったけど。

 

けっこう渋滞してたけど、70バーツほどで到着。

なんとも寂れ…クラシックなかんじのするショッピングモールでした。

一番右の入り口から入ると近いと書かれてたけどよくわからなかったので適当に入って右へ右へ。

 

警備員さんがいたのでイミグレどこですかーと聞いたら5階だと言ってエレベーターのある場所を教えてくれました。

 

5階がまぁまた寂れ…

 

広々とした空間でしたが、そこここに案内が。

無事発見~

 

入り口にも書いてある通り、ミャンマー、ラオス、カンボジアの方用のイミグレーションですが、90日レポートに限り他の国の外国人のも受け付けてくれるそう。

申請手順

まずは入り口にあるカウンターに必要書類を提出し、番号札をもらいます。

 

ここで不備があれば指示されるので言われた通りにしましょう。

私は必要書類を完璧に揃えてきてるので不備などあるはずはなかったのですが、「親はもう一枚ね、ハイこれ書いて。パスポートのコピーは要らないよ。」と言われるなどww

 

サインめんどくさかったのに、コピー要らないのかよww

 

みたいな。平常運転ですね、ハイ。

名前とか住所とか、もう一枚の方も別に難しいもんじゃなかったです。

 

FBとかLINE ID書く欄があったけど任意だったのでメアドだけ記入。

 

用紙をもらう際に、カウンターのお兄さんに「これ書いたら、ここで(座って)待ってればいいんですか?」とみんなが座ってるベンチを指さして聞いたら、

「書いたら2番窓口に持ってっちゃって!」とハキハキしたかんじでお兄さん。

 

お礼を言って用紙に記入し、誰も並んでない2番窓口へ。

小窓からのぞき込み、すいませんこれ~と書類やパスポートを差し出すと、一瞬場の空気が固まり、制服を来た男性がつかつか寄ってきて、

「何しに来たんだ」と言い放った。

 

えっ と思ったけど、再度これ~と書類アピールをする私。

 

苛立たし気に「何しに来たんだ」と繰り返す男性職員は、

「ここは10時半からだ。みんな座って待ってるのが見えないのか。」とベンチに座っている人びとを指さした。

 

私を除いて誰ひとり窓口には立っていない。

 

怒られたし、ごもっともだwww みたいな。

 

いやだって、だってお兄さんがああああ なんて通用しないのはわかっているのですいませんとすごすごと退散し、ちらと見た時計は10時を少しまわったところでした。

 

10時半になると窓口から職員が顔を出し、順番に番号を呼んで受付開始。たいして待つことなく呼ばれ、書類を確認され何の問題もなく90日レポート終了。

 

やっぱりチェーンワッタナに比べて全体的に人は少ないです。90日レポートのみなので当たり前ですが。待ち時間もないし、スムーズな印象でした。(怒られたけど)

 

窓口に来ないといけなくなったらラップラオにしよ!と思いました。

 

ていうか、本人いないとダメだったら困るな~って念のため息子さん1連れてきたけど、全く必要ありませんでした。

必要書類(改訂版)

・申請用紙(TM47) →ダウンロードはこちら

 

・インフォ―メーション・フォーム(イミグレ入り口でもらう)

 

・パスポート原本

その他注意事項

・ラップラオのイミグレーション営業時間は月~金 10:30-18:30

 

・90日レポートは期限日の15日前~7日後に提出可能。この期間内であれば罰金はないそう。一日でも過ぎたらアウトかと思ってたけど、大丈夫みたいです。

 

・子供は別に本人立ち合い不要。

 

・窓口ではちゃんと呼ばれるまで待ちましょう。

インペリアル・ワールド探検

ローカル臭漂うショッピングモール、インペリアルワールド。

 

なにげにアイスホッケーリンクがあったり、ボーリング場も入ってるみたいだったし、ロッククライミング場(っていうの?)もありました。

 

使われてなさそうだったけど…

週末なんかに来たら賑わってるのかしら…?

 

スポーツジムもあったなぁ。

 

並ぶ服のセンスや値札もローカルなかんじでなんとも落ち着く空間…w

これかわいかったな。

「靴脱いでください」のやつ可愛いなぁて見てたら、右上の「男子トイレ」で草

 

なにげに好きなタイ家具などをぷらぷら眺めて帰ってきました。

 

置くスペースと買う資金がないので妄想で楽しんできました。

なかなか気持ちのいい値下げっぷりだった。

我が家からはドアtoドアだと1時間くらいかな~も少しかかっちゃうかな。

 

ローカルなショッピングモールは嫌いじゃないけど、やっぱりめんどうなのでオンラインで済ませたいもんです。

 

90日ってあっという間で困る~

【POD】ゼロからスタート! タイ移住サバーイマニュアル [ 桐越舞子 ]

価格:1,210円
(2019/12/27 01:18時点)
感想(1件)