【人生100年時代の食を楽しむ】福井県・滋味豊かな発酵食「へしこ」(丸越・漬物礼賛より)

人生100年時代。長い人生後半(定年後、老後)は、毎日のお食事にもこだわって楽しみたいものです。ここでは御漬物に関する様々な情報をお届けする丸越制作フリーペーパー「漬物礼賛」をもとに記事を配信します。今回のテーマは「へしこ」です。
2019/05/14

福井県・滋味豊かな発酵食「へしこ」

魚を糠漬けにしてできるへしこ。

 

魚を糠漬けにするとき、漬け込むときに空気が入らないよう、樽の奥へ圧し込ん(へしこん)で重石をして熟成させます。

 

この「圧し込む」がなまって「へしこ」と呼ばれるようになったそうです。

 

そんなへしこが生まれたのは福井県の若狭地方。奈良時代以前から、若狭湾に面し、海の幸に恵まれた若狭一帯は多くの魚介類が獲れます。

 

しかし冬になると積雪が多い地域。日本海は時化て漁に出られない日が多く、食料確保が困難になります。

 

そんな厳しい冬を乗り越えるため、漬物や乾物など保存食が発達していきました。その中でへしこが誕生したのです。

 

魚を長期保存できるへしこは、冬の貴重なタンパク源として重宝されていきました。

 

へしこ作りが始まるのは秋から冬にかけて。圧し込んだへしこは最低でも翌年の夏の土用を過ぎるまでかかり、福井県では昔から「土用を越さないとへしこにならない」といわれています。これは夏の暑さで発酵が進んで熟成されるからです。

 

しっかり熟成させたへしこは旨みが凝縮され、今もなお福井県で愛されている県民フード。一度ご賞味いかがでしょうか。

へしこ/鯖